生徒からの質問

「暗記の仕方がわからない。どうしたら暗記できるのでしょうか?」

 

生徒へのアドバイス

 

まず、基本は、紙を用意して何回もかく。

暗記すべき言葉を、声を出して言いながら、何回も書く。

 

しかし、その言葉の意味を頭に思い浮かべながら、書くこと。

意味がわからないなら、調べてから、、。

 

例えば、歴史の「遣隋使」ということを覚えようとした時に、

ただ、やみくもに「遣隋使」「遣隋使」・・・と書いても、暗記しづらいだろう。

 

その言葉の意味を知らずに、書いて覚えようとしても、とても覚えにくいものだ。

「遣隋使」ということが、どんなことだったのか、まず知らねばならない。

 

まず、「隋」って、何ですか?

「遣」ってどういう意味ですか?

 「使」ってどういう意味ですか?

(困難は分割せよーールロイ修道士の言葉  井上ひさし「 握手 」より)

 

「遣隋使」を三つの言葉に分割するのです。

これは、勉強のための、とても良いテクニックです。

 

「遣」というのは、「遣わす」と書くと何と読むか知っていますか?

 

「つかわす」です。

 

どういう意味ですか?

 

ある人を、そこへ「行かせる」という意味です。

 

つぎに、「隋」って、何ですか?

 

「隋」というのは、その時の中国の名前です。

遣隋使が派遣された時、中国は「隋」という名前の国だったのです。

だから、遣隋使なのです。

 

このあと、隋が滅んで(ほろんで)、中国は唐という国になりました。

それで、遣隋使ではなく、何と呼ぶようになりましたか?

 

使です。 

 

 

では、「使」は、どういう意味ですか?

「お使い」と書くと何て読みますか?

 

「おつかい」と読みますね!

 

だから、遣隋使というのは、「日本から中国の「隋」に【お使い】に行った人」という意味ですね。

 

このことを頭に、

思い浮かべながら、何回も書いて覚えよう。

 

ただ、このように言葉を分解し意味がわかる人は、このようにやれば良いわけだが、

どうしてもわからない場合は、教科書を読もう。